読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オナ禁検証ブログ~オナニーを辞めると本当にモテるのか?~

オナ禁をすることによるメリット、デメリット、効果などをオレ自身の体で検証していくブログ

オナ禁5日目の効果(生活リズムの変化、眠さ、けだるさの解消、無駄な時間の削除)

スポンサーリンク

現在オナ禁5日目の昼である。2月6日からスタートし、8日にセックスをした。そして、9日、10日としっかりオナ禁で来ているという状況だ。

オナ禁5日目の効果

オナ禁5日目の効果はいくつかある。

1.生活リズムが良くなった

オレはそもそも夜型だ。仕事も自営業なのである程度したいときに仕事ができるという状況なので、なおさら今までは自然と夜型になっていた。

だが、オナ禁を始めてから夜更かしをすることがなくなったのだ。オナ猿の頃はほとんど毎日性欲がわくため、自慰行為にふけっていた。

太陽

朝から活動できることは体に非常にいい気がする。事実、朝にすっきりと目覚めて23時を過ぎたあたりに眠くなる。

0時にはぐっすり眠れて7時か8時には自然に起きるという今までの人生でほとんど経験したことのない素晴らしい生活リズムで日々を送れている。

そして、朝に起きられるようになったおかげで上記の著書「存在するだけで女性の性本能を刺激し口説かれる男になる簡単すぎる3つの習慣」にも書かれている太陽凝視(サンゲイジング)を実行できるようになった。

この著書に書かれている3つの習慣のうちの一つで、朝起きてから太陽を見るという習慣だ。この習慣を繰り返すことで体内の細胞が変わり、恐ろしく体調がよくなる。

 松果体のスイッチが入るからだ。詳しくは本書を読んでみてほしい。なかなかの良書だ。

2.眠さ、けだるさがなくなった

オナニーを習慣化していたころは日中に仕事しなければいけない日は常に眠さ、けだるさがつきまとっていた。

オナニーが習慣化している男は基本的に夜更かしをする傾向にある。夜更かしをする上に生命エネルギー(精子)を放出して体力が奪われる。

まさに一石二鳥の逆である。昼間は常に眠く何もやる気が起きないという日々を過ごしていたが、生命エネルギーを放出することなくしっかり眠れることでけだるさ、眠さがほぼなくなったように感じる。

3.時間を有効に使えるようになった

オレはオナニーを習慣化していたころはオナニーだけに3時間、4時間と使っていた。マジで時間の無駄だ。

この女ではいけない。もっといい動画があるはずだ。こんなことを繰り返していろんな動画を見ているうちに毎日大事な時間を3時間も4時間も浪費してしまっていた。

3時間も4時間も浪費して大事な生命エネルギーを失っていたのだ。やめた方がいいと頭ではわかっていながらやめられなかった。

しかし、この習慣を絶ったおかげで余った時間を勉強や仕事などの有意義なことに使えるようになったのだ。

有意義なことだけをして眠りにつくとオナニーをした後の罪悪感や絶望感を感じない。いい気分で眠りにつける。

まとめ

 マジで本格的にオナ禁をするのはいいことだらけだと思う。まだまだ実感したオナ禁の効果(モテる、イケメンになる、スーパーサイヤ人化する)は現れてはいないが、徐々にいい傾向には変わってきていると思う。

気合を入れて頑張ろうと思う。